“声”という曲

私の好きな女性シンガーソングライターの歌手の方の曲に、
声 という題名の唄があります。

その曲はとってもいい曲。励まされるというか、心に深くしみこむ
というか。
しかし、今回はその唄の話ではありません。
声の話です。
声が枯れています。
私の声が枯れているという話です。
いや、ほんとに困りました。

最初は風邪をひいて、そのうち治るだろうと
ほうっておいたのですが、
次の日だかなんだかに剣道にいったら
見事に声が擦れてでなくなってしまいましたよ。

剣道をしている人はもちろん、
見たことのある人ならわかると思いますが、
剣道には気合いを入れるということが必要なんですね。
気剣体の一致した打突でないと一本にならない
というくらいですので。

打つ前にも、打つ時にも、
気合いの声をいれるので、
喉の負担は大変なものになります。

しかし、気合いを入れねば、
気合いが入っていないと怒られる。
これじゃいかんわけですので、シャウトすると、
次の日声が出なくなるという始末です。

のどあめでもなめておきます。
本当に困ったものです。